高麗人参の名前の由来

古代中国に遡る高麗人参の名前の由来とは

高麗人参は豊富な栄養分を含み、健康維持や生活習慣病予防などの病状の改善に効果が期待されている漢方の一種です。古くは亜熱帯気候の済州島を除く朝鮮半島の全域で自生していた植物で、野生の人参は「山参」と呼ばれて珍重されていました。
高麗人参の語源は古く高句麗にまで遡ります。当時の中国では高句麗を「高麗」とも呼んでいました。つまり「高麗人参」と「朝鮮人参」とは同じ意味なのです。また“人参”は天然に自生する山参を意味していました。山参は人工栽培したものと比べると太く有効成分の含有量も高いため効果が高いとされ、より高値で取引されています。
「人参」は「人」と「参」の字から成ります。「人」は根の形が人の形をしていることから由来します。古代においては人の身体に似ているものがより重宝されていたそうです。
「参」は三の意味も併せ持ち、天・地・人の「三位一体」の意味があります。「三」は古代から東洋では完璧を意味し最もよい数字であるとされてきました。すなわち完全で素晴らしい薬であるという意味で「参」の文字が使われたとも考えられます。

高麗人参の日本における呼び名

高麗人参の和名は“オタネニンジン”といいます。その昔江戸幕府の八代将軍徳川吉宗が対馬藩に銘じて高麗人参の試植を行いました。その後各地の大名に種を分けて栽培を奨励した際に「御種人参」と呼ばれるようになったのです。
その後オタネニンジンは「人参」と呼ばれるようになりました。時代劇などで病にかかった人を治すために「人参」を求めるシーンなどが思い当たる方も多いのではないでしょうか。
しかし、江戸時代以降になって現代の私たちがカレーやシチューなどに使っている野菜の「ニンジン」が輸入されるようになりました。当時は胡羅葡(こらふ)という難しい名称で呼ばれていましたが、根っこはオタネニンジンに似ており葉はセリに似ていることから「セリニンジン」と呼ばれるようになりました。その後薬用のオタネニンジン(ウコギ科の植物)と区別するため野菜のニンジン(セリ科の植物)を「菜人参」「畑人参」などと呼んでいましたが、徐々に価格の安い野菜のニンジンの方が一般的に出回るようになって「人参」と呼ぶようになったのです。
そして元々「人参」と呼んでいた薬用のオタネニンジンは野菜のニンジンと区別するために「朝鮮人参」と呼ばれるようになったのです。ややこしいですが面白い逆転現象ですね。しかし戦後は韓国から輸入しているという点に配慮し、「朝鮮」の言葉を避けて「薬用人参」と称するようになりました。
その後「薬用」の名称が薬事法に抵触するとの行政指導を受け、「高麗人参」と呼称するようになったのです。高麗人参は高い効能効果が期待されていますがあくまで食品であり医薬品には該当しないため、我が国の薬事法においては医薬品と混同して消費者が誤解するような表記は禁じられています。
「高麗人参」の呼び名は当初なじみが薄かったものの、現在は消費者にも広く浸透しています。

高麗人参の学名

高麗人参の学名は「パナックス ジンセン:Panax ginsen】と言い、Panaxはギリシャ語の「Pan(全て)」と「Axos(医薬)」が結合して【万能薬】の意味を持っています。学名のパナックスジンセンは1842年にロシア人の植物学者である「カール・アントン・マイヤー(Carl Anton Meyer)」によって命名されました。学名からも高麗人参の多彩な効果効能が示されており、特に有用成分サポニン(ジンセノサイド)には近年注目が集まっています。

まとめ

このほかにも高麗人参には世界中に様々な呼び名があり、全部で数百種類あるとも言われています。こんなにも長い期間、様々な地域で愛用されてきたことからもその高い効能効果や安全性を窺い知ることができますね。


関連記事詳細一覧