医薬品としても使用される高麗人参

高麗人参の医薬品としての位置づけ

高麗人参は古来より万能薬とも呼ばれ、高い効能効果が期待されていますが医薬品としてはどのように分類されているのでしょうか。
高麗人参は漢方薬であり、東洋医学の考え方に基づき処方される生薬です。2000年以上の長い歴史のなかで効果や安全性が確立されてきたものなのですが、現代の日本において高麗人参は実は薬事法に指定された医薬品ではありません。ちなみに薬事法とは医薬品や医薬部外品、化粧品などの品質・有効性・安全性を確保するために必要な規制を行う法律です。
一般的に医薬品は高い効果がある一方で副作用があるというリスクを伴います。しかし天然の植物である高麗人参は副作用の危険性が比較的少ないことで知られています。
そして医薬品のような即効性は期待できませんが、長い期間服用する事によりじっくりと体の不調に働きかけていくことができます。生薬はこのように体質改善を目的としているものが多いため、一時的な服用ではせっかく良くなってきた体調が元に戻ってしまうことがあります。漢方薬の効果をより実感するためには中長期的な服用をお勧めします。

西洋医学と東洋医学の治療の考え方について

私たちが普段体調を崩した場合は病院へ行き、西洋医学に基づいた治療が行われて医薬品を処方されるのが一般的です。西洋医学は病気の原因(細菌の感染など)を特定し、それを排除するというようないわば攻撃型の治療を行います。これは病気の原因が明確である場合や症状が急激である場合には非常に合理的・効率的な治療方法です。しかし強力な医薬品を使用することにより副作用のリスクを伴う場合もあります。
対して東洋医学では元々人体に備わっている免疫力を高め、身体全体の機能のバランスを整えていくという守備型の治療を行います。これは病気の原因がはっきりしない場合や未病と呼ばれる症状に効果的です。ゆっくりと時間をかけて体質を改善していくことに主眼を置いているので、急激に症状が進行していくような場合には向いていません。しかしながら西洋医学の考え方をもとにした治療で治せなかった症状が改善するという例も沢山あります。
西洋医学も東洋医学もそれぞれに良い点があります。高麗人参は東洋医学の考え方に基づき処方される漢方薬ですが、非常に多彩な効能効果が期待できますので病状改善のための取り組みの一環として取り入れてみてはいかがでしょうか。

高麗人参の効能効果について

高麗人参の効能効果は実に多彩です。滋養強壮、虚弱体質・肉体疲労・胃腸虚弱・食欲不振・血色不良・冷え性などの症状の改善効果があります。他にもストレスの解消や更年期障害の改善など精神的に良い効果や生活習慣病の予防など、心身の健康を保つために優れた薬効があることで知られています。

漢方薬局で購入できる様々な高麗人参

高麗人参を含んだ製品には健康食品もあれば医薬品のものもあります。
医薬品としての高麗人参は漢方薬局で購入することができます。気になる症状に応じて粉末や煎じたものなどを処方してもらえるのです。内服液タイプとしては医薬品ドリンクがあり、錠剤になっているものなどもありますが自分に合ったものを専門家の方と相談すると良いでしょう。病院を色々と受診してみたけれど症状が改善せずお悩みの方は試してみてはいかがでしょうか。 
また、毎日少しずつ続けることで効果を発揮していく薬用酒というものもあります。CMなどで見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。毎日の習慣として飲むだけなので生活に取り入れやすく、お酒が好きな方は特にストレスなく続けることができますね。

まとめ

高麗人参は昔から様々な効能効果で定評がある一方大変貴重な生薬でもありました。現代でも高価なものではありますが、さまざまな形態で加工され一般人にも手に入れやすくなっています。辛い症状で悩んでいる方はぜひ、長い歴史のなかで人々に認められてきた生薬の力を試してみてはいかがでしょうか。


関連記事詳細一覧