多汗症への効果

誰でも汗をかくのだけれど

人間だれしも、汗をかきます。発汗は、体温調節のために必要な生理現象です。
暑い季節や運動をしている時には、かなり大量の汗をかくものです。
しかし、多汗症の場合は、通常の汗の量にとどまりません。
頭からだらだらと、いつまでも汗が流れ出したり、
手汗がすごくて物を持つと滑って落としそうになったり、
脇汗がいつまでも止まらずに、シャツの脇の部分にかなり大きな汗じみができたりします。
靴下がびっしょりと濡れるほど、足裏に汗をかくケースもあります。
このように、ある部位に限ってびっしょりと汗をかく多汗症を、局所性多汗症と呼びます。

一方で、汗をかきはじめると全身からほとばしるように、大量に流れ出すような多汗症もあります。
そのような症状を、全身性多汗症といいます。

多汗症の原因はさまざま

多汗症は、精神的要因によって起こることが多いと言われることもありますが、
代謝異常、内分泌異常、循環器疾患などの病気が原因である場合もあります。
バセドー病・末端肥大症・生殖器障害・糖尿病などが例としてあげられます。
病気が原因である場合は、当然ながら多汗症よりも、病気のほうを治療しなければなりません。
ですから、汗の量が異常ではないかと気になる場合には、多汗症だろうと素人判断をせず、
まずは病院を受診して検査・診断を受けることをお勧めします。
一概にはいえませんが、病気が原因である多汗症の場合は、局所性ではなく、
全身性多汗症であることが多いようです。

その他の多汗症の原因と高麗人参の効果

病院で検査しても特に病気はないのだけれど、多汗症の症状に悩んでいるという方も、
多いと思います。
周囲の人に嫌がられるのではないか、臭いを発しているのではないか、
不潔な人だと思われるのではないかなど、精神的なダメージが伴い、
外出が嫌になって引きこもり、仕事や勉強にまで影響する人もいます。
そのような人には、ぜひ一度、高麗人参をためしてみて欲しいと思います。

病気ではないのに多汗症の症状がある場合、次のような原因が考えられます。

・ホルモンバランスと交感神経の働きの乱れ
女性に多い原因です。女性の体内では、工ストロゲンとプ口ゲステロンという2つのホルモンが、
周期的にバランスを変えながら分泌されています。
その分泌は、交感神経とともに脳の視床下部でコントロールされています。
つまり、ホルモンバランスが乱れるときには、交感神経の働きも乱れるということです。
高麗人参には、ホルモンバランスや交感神経を整える効果があり、 継続して摂取することによって、多汗症の改善が期待できます。


ストレス反応

強いストレス受ける状態が続いたことが、多汗症の原因になることもあります。
また、多汗症そのものが大きなストレスとなって、なかなか負のループから抜け出せないということもあります。
高麗人参に含まれるジンセノサイドという成分には、
ストレスホルモン(コルチゾール)の分泌を抑制する効果があります。
些細な事は気にしないようにするとか、自分の好きなように過ごすリラックスタイムを増やすなど、
自分自身でストレスコントロールをすることも大切ですが、それだけで多汗症のような症状を改善するのは、
難しいと思います。
高麗人参の効果をうまく取り入れてかみると、早く改善するかもしれません。

全身の機能低下

食欲がない、いつもだるくて、気力も落ちている、よく眠れない日が続いている、体力低下を感じる、
汗をかいた後はぐったりしてしまう、よく風邪をひく。
これらの症状は、病気ではないけれども全身の機能が低下して、体が弱っているときに感じるものです。
その結果、多汗症を発症することもあります。
高麗人参は、そのような全身的な不調の改善にも効果があり、体を元気にしてくれます。
体調が整うと同時に、多汗症が改善することもあります。量が減るのです。

関連記事詳細一覧