サポニンの効果効能について

サポニンの基礎知識

サポニンは、多くの植物に含まれている成分です。特に植物の根や葉、茎などに広く分布しています。サポニンは配糖体のひとつで、糖と様々な種類の成分が結合した有機化合物です。食品の苦味やえぐみのもととなる成分でもあります。サポニンは主に大豆、高麗人参、田七人参に含まれています。特にマメ科の植物に多く含まれています。それ以外にも桔梗、アマチャヅルなどにも含まれています。
サポニンにはいくつか種類があります。それぞれの植物によって、種類の違うサポニンが含まれており、効果・効能にも違いがあります。大豆に含まれるのは大豆サポニン、高麗人参に含まれるものは高麗人参サポニンなどと呼ばれます。
実はサポニンの“サポ”というのは、ラテン語で石鹸の意味があります。これはサポニンが水に溶ける性質があり、水に溶けると発砲作用があり汚れを洗い流すことができるので、石鹸として使われていました。サポニンのサポはそれに由来しています。サポニンは、水溶性、油溶性の特性があるので石鹸としてとても便利でした。さらにサポニンには殺菌や抗菌作用があります。発泡作用で汚れを落とすので界面活性剤として活用されました。実は古くからサポニンの効果は知られていました。平安時代には、この作用を利用して髪を洗うのに使われていたとも言われます。当時の洗髪時にサポニンが含まれるムクロジの皮やサイカチの実を潰して、水と混ぜシャンプーのように使っていたそうです。

サポニンの効果・効能~コレステロール値を下げる~

サポニンは体内のコレステロールを除去し、血栓のもととなる過酸化脂質を低下させる作用があります。コレステロールや中性脂肪などの脂質が活性酸素によって酸化すると過酸化脂質が生成されます。このような効果のため、大豆や高麗人参に含まれるサポニンは様々な健康目的のサプリメントにも活用されています。
血中の悪玉コレステロールが増えると、血液の流れが滞り、血液がドロドロになります。すると酸素や必要な栄養分が末端細胞まで届かなくなり、これが動脈硬化の原因となります。それを防ぐのが大豆に含まれるサポニンです。血中の悪玉コレステロールを低下させ、これらの病気を防ぐ効能があります。

サポニンの効果・効能~肥満予防~

サポニンには、腸内のブドウ糖と脂肪の合成を抑制する働きがあります。そのおかげで、脂肪の蓄積を抑えられ、肥満予防の効能があります。特に大豆サポニンにその効果があり、内臓脂肪の低下にも効果的です。そのため成人病などにもよいと考えられています。それ以外にも高脂血症、動脈硬化症、高血圧症の治療にも効果がある結果が出ています。大豆サポニンの摂取で血中の総コレステロールが低下しました。サポニンには脂肪の吸収を抑制する効果があるので、肥満予防の効果・効能があります。

サポニンの効果・効能~免疫力アップ~

免疫力アップ効果

サポニンには、外部から身を護る作用があります。そのためサポニンを摂取すればウイルスや細菌などの外界の敵から体を守る作用があり、免疫力アップします。そして細胞を活性化する働きもあります。免疫力は、もともと人間の体内にあるもので、病気の原因となる外敵から身を守り、治癒する効果があります。免疫力が高まれば、病気の原因や体にダメージを与える外部からの侵入物を防ぎます。反対に免疫力が下がると、体外から入ってくるウイルスに抵抗力がなくなり、風邪やインフルエンザなどにもかかりやすくなります。そして病気の回復力も低くなり、病気が長引きます。サポニンには免疫力を高め、風邪やインフルエンザにかかりにくくする効能があります。
それ以外にも、肝機能を高めたり、血流を良くする、咳やたんを抑えるなどの効果もあります。このような効果・効能を期待してたくさんの健康増進、病気対策などのお薬やサプリメントにも活用されています

関連記事詳細一覧