大豆サポニンの効果

大豆にふくまれるサポニン

大豆サポニン

大豆サポニンとは、大豆に含まれる苦味や渋みの元となる成分です。大豆を煮ると泡が出ます。これはサポニンの発泡作用によるものです。サポニンは水に溶けると発泡(泡が出る)作用があります。通常、これらの泡はあくとしてとり除かれてしまいますが、このゆで汁にもたくさんサポニンが含まれています。最近ではこの成分の有効性から、肥満予防、抗酸化防止、動脈硬化予防など、さまざまな目的に用いられています。大豆サポニンは健康増進に重要な成分として今注目されています

コレステロールを下げる効果

大豆サポニンには強い抗酸化作用があります。大豆サポニンは、血中の脂質を低下させ、高脂血症、動脈硬化症、高血圧症などの予防にも有効です。血中に含まれる脂質のコレステロールや中性脂肪を低下させるのに効果があります。特に動脈硬化は血中の血栓により危険が高まります。血栓のもととなる過酸化脂質は、大豆サポニンにより上昇が防止されます。大豆サポニンを加えて脂を加熱すると、過酸化脂質の上昇が妨げられます。
そして大豆サポニンのコレステロールを下げる効果があります。血中の悪玉コレステロールを抑制します。悪玉コレステロールが高まり酸化が起こると、血液の流れが滞ります。これがいわゆる血液ドロドロです。そしてコレステロールの高い血液は動脈硬化を招きます。さらに必要な栄養分や酸素が抹消細胞までとどかなくなり、多くの障害を起こします。大豆に含まれるサポニンには、血中の悪玉コレステロールを低下させ、多くの病気の予防に有効です。

肥満防止の効果

大豆に含まれるサポニンは、肥満防止に有効です。腸で吸収されたブドウ糖が脂肪と合成するのを防ぎます。これで脂肪が体内に蓄積されにくくなります。大豆サポニンと大豆たんぱく質を含む食品を摂取したことにより、内臓脂肪が減少したという報告も出されています。血液中の脂質の低減させる効果があることからも成人病予防にも有効です。
サポニンには脂肪の吸収や蓄積を抑える効果があります。そのおかげで肥満防止に最適な栄養分です。

肝機能の向上

大豆に含まれるサポニンには過酸化脂質の生成を抑制し、肝機能を高める効果があります。そして肝機能障害にも良いと言われています。過酸化脂質とは活性酸素の一つです。過酸化脂質は中性脂肪やコレステロールなどの脂質が酸化されたもので、老化や動脈硬化などの原因となります。最近ではアルコールを飲まない方でも肝臓障害が増えています。肝機能障害は、高脂肪の食品の摂りすぎからも起こるためです。
過酸化脂質が増加すると、肝臓障害を起こしますが、大豆サポニンは、過酸化脂質生成を抑制するとともに、大豆のタンパク質が傷ついた肝細胞を改善するのにも有効です。

免疫向上でがんやウイルスにも有効の効果

最近注目されている新しい大豆サポニンの効果として、細胞の突然変異を抑制する作用です。これは抗変異原性といいますが、抗発がん作用や、エイズウィルスの抑制効果があると考えられています。大豆サポニンにこれに似た効果があることが最近発見され注目されています。大豆サポニンによってエイズウィルスの増殖が抑えられたという報告も出されました。これらの作用は、今後ますます期待が高まります。

まとめ

大豆サポニンは、主に大豆、納豆、みそ、高野豆腐、おから、豆乳、油揚げ、ゆばなど幅広く大豆製品に含まれています。毎日のお食事のなかで簡単に摂取できます。他のタイプのサポニンに比べると気軽にお食事に取り入れられますし、特に和食中心のメニューにはお馴染みの食材ばかりです。簡単に摂取率が高まりそうです。
そして便秘改善や腸内環境を整えるなど健康、美容どちらにも良い成分ですので、ダイエット中、肥満防止などいろいろな目的でご活用ください。

関連記事詳細一覧