高麗人参の飲み方のコツ

薬効を得るための正しい飲み方

高麗人参の種類

高麗人参を摂る際には、色々な方法があります。
最もシンプルなのは、高麗人参そのものを調理する場合。次に高麗人参茶、そして今最もベーシックな高麗人参サプリです。
そんな色々な摂り方の中で、正しい飲み方というのを知っておくと、より実感できると思います。

飲み方の中で、大事なのが、最初は少量から始めて、自分に合った必要量を見つけるというのがポイントです。
一般的に自分に合った摂取量というのは、飲み始めてから2~3週間、飲み続ければある程度の効果が期待できます。
目安としては、最初は無理のない量を1週間から2週間飲んだ後に、徐々に量を増やし、1カ月後にさらに増やして、体の変化を見るというのがベーシックです。

高麗人参の適量はあるの?

適量はあるのか?という質問が多く寄せられます。ですが、数多くの体験談から効果を得るには、人それぞれに合った必要量があることが分かっています。
量が少ないと必要量に満たない事もあるので、飲み始めて1カ月以上たっても、思うような効果が感じられない場合は、そもそもの量が少ない可能性があります。
その場合は、徐々にではなく、思いきった増量
も必要になってきます。
紅参の必要量については、その人の体質、体調、生活環境などで個人差があります。自分の気にある症状の変化に気がつき、少しずつ効果が出ていると感じられれば、その用量を目安に、微調整をしながらより自分に合った用法・用量を見つけ出していきます。
なかなか変化が感じられない場合には、自分に合った用量を見つけ出す一つの方法として便の状態を観察してみましょう!
最初に変化が感じられるのは多くの場合、胃腸系統の変化で、便が少し軟らかくなります。決して下痢便ではなく、さわやかな軟便です。このやや軟便になった時の服用量を自分にあった必要量とし、しばらくその用量で飲み続け、気になる症状を観察していきましょう。
しばらく飲み続けて頭打ちになったと感じられたら用量を少し増やしていくとベストの量を見つけやすいです。
安易に多く飲めばそれだけ余計に効くというわけでもないので経済面から考えても最小必要量を知ることが大事です。
また、たとえ実感が得られなかったとしても、体内数値が改善している場合がありますから、できるだけこまめに病院などで血液や尿の各数値を観察されることをお勧めします。

規則的に根気強く飲む!

規則正しく飲む

漢方薬は「瀉薬」と「補薬」に大きく分類されます。「瀉薬」は、外部から体の中に入り込んで邪気や、体内で出来てしまった毒素を取り去る働きをします。これに対して、人参やオウギ、地黄など、生体に不足したエネルギーを補う働きをする漢方薬を「補薬」と呼び、高麗人参や紅参はこの「補薬」に分類されます。
漢方薬は気にある症状を体質改善して治すものですから、新薬のような即効性は期待できません。効果が出るまでは規則正しく服用し続ける事が大事なのです。
慢性病の改善には、少なくとも慢性病を患っていた期間の10分の1以上の期間は飲み続ける根気が必要となってきます。
なお、1日に飲む回数ですが、絶対量が同じなら1回で飲んでも、複数回に分けても変わりありません!

空腹時に飲む

一般的に漢方薬は空腹時に十分な水分とともに飲む事が大事とされています。これは胃が空腹状態の時に飲むと吸収が早く、胃に残った食べ物の影響でバランスを崩すことが少なくなるからと考えられているためです。
特に、高麗人参の主成分であるサポニンは、腸内細菌により代謝されて代謝産物が出ていきます。その代謝産物は腸管からの吸収性に優れ、また高い薬効があることが分かっています。空腹時には腸内細菌が人参サポニンからの代謝産物を多く作ってくれるので、高麗人参は空腹時に飲む方がよりベターということになります。
しかし、胃の弱い人の場合は、食後に飲む方が良い場合もあります。どのような体質の人も、自分の体の状態を見ながら、食前・食後のどちらが自分の体に負担がないかを見極める事が大事です。基本的には、食事の30分~1時間前に飲むか、食事の1時間後くらいに飲むとよいでしょう。
また、高血圧の方は、一般に血圧が高い朝より、夜飲む方がよい
でしょう!