高麗人参で肌年齢は若返る

肌年齢を若返らせる高麗人参

肌年齢が若返る高麗人参

高麗人参を使って、身体のうちから肌年齢を若返らせる方法を考えて見たいと思います。
若返らせるといっても、これまで浴びてきた紫外線をなかったことにはできません。いかにダメージを受けた肌を守り、これ以上に劣化させないかが課題となります。

皮膚は1ヶ月で作り替えられていますが、それぞれの役割がかなえられような「補給」がされなくてはなりません。

何を食べると、お肌に良い。あれはお肌には良くない食べ物という情報も多々出ていますので参考にすると良いでしょう。しかし、人には好みや仕事や家庭の事情で食べられるもの、食べられないものがありますので、やはり自分に合ったものを選んでいくと言うことになりますね。

高麗人参で体調管理

考え方の基本は、何でもバランス良くということです。ポリフェノールが良い、ビタミンCはお肌に欠かせない、Eも血行促進で、つるつるお肌にはコラーゲンね、皮脂のためには少しは油分も取らないと、油分と言えばオリーブオイルよね・・・とあげだしたらきりがありませんが、バランスです。何事も偏らないようにすることです。
それと、健康でこそ肌年齢の若返り、肌年齢の維持です。不健康なのにお肌だけピッカピカということは絶対にありません。

健康の基本は栄養、休養、運動です

高麗人参の働き方

高麗人参にはこうした成分が入っているのではなく、身体の機能に働きかけ、栄養バランスを整えたり、不要のものを早く体外に運び出したりすることで知られています。
例として、いくらお肌に良いものを食べても、胃腸が悪く消化吸収ができなければ、食べなかったことと同じになってしまいます。
高麗人参の成分の代表は「サポニン」とよばれるものです。サポニンは美容、アンチエイジング、病気の予防・改善に役立つと、何百年も使用されているものです。
サポニンは血管を広げ血液の流れを良くして、栄養素と酸素を身体全体に運びみます。また自律神経を整えてストレスを抑えます、更年期お肌の第2の曲がり角と言われる更年期に起こりやすい自律神経失調症や冷えや肩こりにも効果を発揮します。こうした高麗人参の作用を取り入れて、肌年齢の若返りに取り組まれることをおすすめします。

肌年齢とは

肌年齢とはなんでしょうか? デジタル大辞泉で調べてみると次のように出ていました。
「肌、特に顔の肌の色つや、張りなどから推定した年齢。」また別なところでは「実際の年齢とは異なり、肌年齢は肌のハリやしわ、痛み具合を現す年齢で、スキンケアの目安になるもの」とあります。

もう少し客観性を持たせるために、肌の水分、油分、ハリ(弾力性)を測定して数値化しそれを肌年齢としているようですが、はたして誰が決めたものでしょうか?

肌年齢を押し上げるもの

肌は年齢とともに老化、劣化していくことは確かです。その原因はいろいろありますが、まずは肌に直接影響のある紫外線、乾燥、温度差など。また、肌も身体の一部ですから、食べたもので構成されますので食生活、喫煙、飲酒、ストレスなども影響します。そのうちもっとも影響の大きいのは、紫外線と乾燥です。

つまり、肌年齢を保つにはなんと言ってもスキンケアが大切です。それはネットや週刊誌や新聞、また書籍でも情報が山のように出ていますから、良く研究して自分に合うものを見つけ出していただければよいと思います。

肌の構造は

まずお肌はなによってできているかを知りましょう。
お肌の構造は大きく言うと「表皮」と「真皮」に分かれます。
表皮は0.3mmと薄いものです。この表皮はまた4つに分かれ外側から、「角質層」「顆粒層(かりゅうそう)」、「有棘層(ゆうきょくそう)」「基底層(きていそう)」となっています。
ですから、私たちが見ているお肌は角質層となります。この角質層は0.02~0.03mmと一段と薄いのですが、この薄さで肌の水分を守り、外部からのウイルスや細菌等の侵入を防ぐためにバリヤ機能を果たしています。角質の細胞はそのためブロックのような構造をしその間をセラミドでセメントのように接着しています。
このように、角質層以外にも、皮膚は各層に別れ、役割を分担して身体を守るために働いています。


関連記事詳細一覧