更年期への対策

更年期とは?

更年期の女性

更年期という言葉は、よく聞きますね!どういうことなのか、知らない方もいらっしゃるはず。ということでここで更年期について説明しておきましょう!
男性と女性で更年期で起こる現象が違います。
男性では、大体40歳以降にみられます。加齢やストレスなどの影響によって、男性ホルモンのテストステロンが低下することで現れます。
女性では、40代後半から50代にかけてみられます。その歳になってくると、女性の体はホルモン分泌が変化して、月経が不規則になります。そして、月経が停止します。これを閉経と呼びます。閉経時には女性ホルモンであるエストロゲンが低下することで、更年期の症状が現れます。
更年期は特に女性の方に多くみられる現象です。
他にも、ダイエットや不規則な生活習慣もホルモンバランスの乱れを発生させてしまうため、更年期の原因の一つとなります。
次に更年期の症状についてひも解いてみましょう。

更年期の症状

こちらも男性、女性で起こる症状は変わります。下の表でまとめてみました。

男性の場合
症状 詳しい症状
性機能 性欲の低下、ED(勃起不全症候群)
精神・心理 不安、疲労感、抑うつ、落胆、記憶力や集中力の低下
身体 ほてり、発汗、睡眠障害、関節・筋肉系の症状

女性の場合
症状 詳しい症状
性機能 性交痛、生理不順
精神・心理 イライラ、抑うつ、情緒不安定
身体 頻脈、動悸、腹痛、微熱、ほてり、多汗、頭痛、腰痛、関節痛、耳鳴り、めまい、肩こり、疲労感、睡眠障害、下痢、便秘、しびれ、息切れ、血圧の変動

こんな症状がみられる方が最近多くなってきているといいます。次に治療について考察してみましょう。

更年期の治療法

更年期の治療法としては、ホルモン療法、プラセンタ療法があります。
ホルモン療法は、正確にはホルモン補充療法と呼びます。更年期の緩和として行う経過措置としての位置づけになっています。これは、ホルモン低下による骨粗鬆症の予防にも役立つそうです。女性ホルモンであるエストロゲンを投与するという感じです。この投与の方法もいくつかの種類があるのですが、ホルモン補充療法は、乳がんを促進する恐れがあります。
プラセンタ療法は、メルスモン製薬のメルスモン注射薬があり、厚生省に承認されています。副作用もほとんどないのがポイントです。
これらのほかにも漢方薬が用いられることもあります。


更年期の予防

高麗人参

病気というのは、なった後に対策するよりもなる前に対策を施しておくことが効果的であり、対費用からみても、予防することは大事なことです。なって後悔する前に予め、防ぐ対策を考えましょう。
漢方薬は治療としても使用されますが、予防策としても使用されます。 その中でも効果的なのが高麗人参なのです。高麗人参に含まれるサポニンは、エストロゲンを分泌させる働きがあります。ホルモン療法とは違い、副作用の心配がないのも、ポイントが高い点です。
更年期を気にされる方は、高麗人参こそ、おすすめしたい予防対策です。

関連記事詳細一覧