高麗人参茶の副作用

お茶で副作用が起こるの?

高麗人参茶

高麗人参は古来より健康に良いとされてきました。そのため、漢方の王様という代名詞までついているほどです。
高麗人参茶としてもちいられるようになったのは、今から2000年ほど前のこと!
かなり前から高麗人参はお茶として活用されていたことが分かります。
お茶による副作用ですが、ゼロではありません。ですが、薬のような副作用をイメージされても困ります。基本的に高麗人参は人参と同じです。イメージして頂くと分かりますが、人参を食べすぎて副作用が起こるかというと、イメージがわきにくいのではないでしょうか?実はこのくらい、高麗人参茶によって副作用が起こるという事は限りなく少ないという事です。
どの健康食品・薬においても、共通して言えることですが、副作用がゼロというものはありません。むしろそのような物は疑うべきです。
ですが、副作用になる程度はさまざまであるという事も、しっかりと念頭において下さい。今回の高麗人参茶のように限りなく副作用になりにくいものもあれば、強い薬などはすぐに副作用を伴います。

どんな時に副作用が起きるの?

先ほども述べたように、限りなく副作用に見舞われるといったことはありません。ですが、唯一起こる可能性があるのが、過剰摂取です!この過剰摂取によって何かしらの副作用を招く可能性があります。どの健康食品・薬にも副作用が伴うといいましたが、それは過剰摂取が関係してくるからなのです。
普段食している、肉・野菜・魚もバランスよく食べる事を推奨されます。これが何かに偏っていくと「偏食」になります。偏ってしまうと当然栄養バランスが崩れ、体に何かしらの支障が出てきてしまいます。つまり日常で食している物でも、ある種の副作用が起こる可能性があるのです。
必ず過剰摂取だけは控えていきましょう!

どうやったら副作用を防げるの?

過剰摂取で副作用

高麗人参茶で副作用を防ぐために大事なことは、【用法・用量】を必ず守るという事です。これが鉄則です!
どの健康食品・薬もそうですが、用法・用量が必ず記載されています。その基準量をきちんと守って使用していれば、ほとんどのケースで副作用を防ぐことができます。
逆に高麗人参茶で副作用になったというケースは、大抵の場合は一日の摂取量が多かったケースばかりです。
百薬の長であるお酒も、飲みすぎると体に毒であることは分かりやすいと思います。まさにそれと同じなのです!


どうやって適量を決めていくの?

本来、効果を実感するためには自分に最も適した量を使用していくことが一番です。この適量を間違えてしまうと、副作用が起きたり、逆に全く効果を実感しないというケースが起きてしまいます。
では、高麗人参茶の適量はどのように決めていけばよいのでしょうか?
高麗人参は本当に素晴らしい食材です。また、そこに含まれる有用成分サポニンは、様々な効果をもたらしてくれることが研究結果でも分かっています。それほど体に影響を与えているという事です。最初に使用する際にはまずは少なめで摂取していきましょう!
イメージとしては徐々に量を増やしていくことです。1週間程度コップ1杯から始めてみて、特に何の実感もなければ2杯というふうに増やしていきましょう!
注意すべきは、効果がないからとすぐに量を増やさないようにして下さい!高麗人参茶はあくまでも薬ではありません。つまり即効性があるわけではないのです。少しづつ体に良い影響を与えていく素材です。
その為、量を調整する際jには徐々に増やしていきましょう。
また、効果を実感し始めたら、その量を継続していきましょう。
時折、量を増やしたらもっと効果を実感できるのではと考える人がいますが、決してそんなことはありません。先ほども述べたように、過剰摂取になってしまうと、結局副作用がおこりますので、実感を感じた量を維持していくことが大切です!

どんな副作用が起こるの?

最後に、しっかりと量などを調整していたけど、何か調子が悪いという事もあると思います。そこで、高麗人参茶を過剰摂取した際におこる、副作用について解説していきます。
有用成分サポニンの代表的な効果の中に、血流の改善が見込めることが研究結果で分かっています。また、血糖値のコントロールとしても大きな効果があることが分かっています。
つまり、過剰摂取してしまうと、血流が良くなりすぎて動悸などが起こる可能性があります。また、血糖値を下げる効果があるので、下がりすぎるとめまい等が起こる可能性があります。

関連記事詳細一覧