紅参茶の摂取しすぎで副作用があるの?

漢方薬は副作用がないって聞いたことがあるけど

紅参

皆さんは漢方薬には副作用があると思いますか?副作用があるのは、風邪薬や病院でもらうような薬だけと思っている人もいるのです。漢方薬も実は副作用があり、誤った方法や摂取しすぎると危険なのです。漢方薬と最近話題の紅参茶の副作用についてご紹介させていただきます。
漢方薬の誤解はいくつかあります。その一つが漢方薬の副作用です。生薬は自然のものだから副作用がなく体に優しい、副作用がないから安全、副作用がないからいつも飲んでいる薬と一緒に飲んでも大丈夫と思っている人います。
漢方薬も薬なので、少なからず副作用を持つのです。誤った認識で摂取しすぎるのは危険ですので、漢方薬を飲む時は注意書きや専門科の指導をきちんと守る必要があります。
それでは漢方薬を摂取した時にはどのような副作用なのでしょうか。風邪を引いた時に葛根湯がよく用いられますが、葛根湯も体質が合わないと逆に体調を悪化させてしまう可能性があります。
葛根湯の中には麻黄(まおう)が含まれており、化学物質のエフェドリンと同じ作用があります。したがって血圧が高い人は血圧を上げてしまうので葛根湯は避けた方がよいのです。
また、胃腸が弱い人もその他の生薬の副作用により、胃腸障害や下痢になる可能性があるので注意が必要です。 葛根湯は体質が合わない人の場合でしたが、次は最近お酒を飲む際に人気のウコンの過剰摂取のお話です。ウコンは漢方薬に使われる生薬の一つです。
胆汁の分泌を促進し、肝臓機能を高めてアルコールの分解などを助けてくれます。健康食品で扱われているウコンを用法・用量を守って飲むことは特に問題はないでしょう。
しかし、ウコンを過剰に摂取し続けると肝臓を助けてくれるはずのウコンが、肝機能障害の原因になってしまうのです。
ウコンが大量に入ったダイエット薬が、中国から個人経由で輸入されて問題なったケースもあります。

紅参茶にも副作用がある?

紅参茶も体質が合わなかったり、摂取しすぎると副作用が強くでてしまいます。紅参茶は利尿作用があるので、体の水分代謝を改善してくれます。しかし、摂取しすぎたり寝る前に紅参茶を飲んでしまうと夜間にトイレに行く頻度が増えてしまい睡眠時間が減ってしまいます。睡眠時間が減って体調を壊さないようにしましょう。

糖尿病を患っている人で、血糖値を下げる薬を飲んでいる人も注意をしましょう。紅参茶は血糖値を下げる効果があるので、血糖値を下げる薬と一緒に飲むと、血糖値が急に下がってしまいます。危険ですので、糖尿病の方は医師に相談しましょう。

血圧が高い人やのぼせがある人は紅参茶を摂取しすぎることも注意が必要です。紅参茶の血流改善効果で体の不調を良くしてくれますが、血流が良くなりすぎると血圧が高くなってしまいます。のぼせがある人は体の上半身に体の熱が集まっている状態です。昔のお風呂が沸いた時に上は熱いけれど、下半分がまだ冷たい水だったことと同じ現象です。上半身に体の熱がさらに上がってくることでのぼせの症状が悪化してしまいます。

紅参茶は副作用があるので飲まない方がいい?

紅参茶

先ほどの例はあくまで極端な話です。尿が増えたり、体の熱が上がることは体が不調な状態から健康な状態になる時の好転作用ともいえます。紅参茶は正しく飲めば、体の不調が取り除かれて、今まで辛かった原因不明の頭痛やその他の症状が改善されてくるでしょう。早く治そうとして、摂取しすぎたり、薬との飲み合わせを医師に相談せずに紅参茶を飲んでしまうことは避けましょう。



まとめ

いかがでしたか?漢方薬は副作用がないからいくら飲んでも安心と思っている人は、実は多いのです。漢方薬にも少なからず副作用があります。しかし摂取しすぎると危険といえるでしょう。摂取しすぎても体の不調がすぐに治るものでもありません。紅参茶も用法・用量を守って飲むことで体の不調が改善されていくでしょう。

関連記事詳細一覧