胃への副作用

高麗人参サプリが胃に影響する?

胃への副作用

ほとんど副作用の心配がないと言われている高麗人参サプリメント!
胃への副作用はあるのでしょうか?
そもそも、胃に影響がある場合はいろいろな症状が現れます。
①食欲不振
②胃もたれ
③胃痛
といった症状が特徴的です!
ですが、これらの症状が高麗人参サプリメントによって副作用として引き起こされるという事はありません。
もしも、高麗人参サプリによって、胃に副作用が起こる場合は、あきらかに適量以上の量を使用している可能性があります。
その際には、一度サプリの使用を控えることをお勧めします。
そこで、胃の調子が戻ってきた場合には、量を減らして使用を開始してみて下さい。

高麗人参は漢方の王様です。使用することで体に悪いという事はありません。ですが、量を間違えてしまうと、多少の体への影響がでます。ですが、これはどの素材においてもいえる事ですので、自己管理が大事なってくるのです。

また、中にはちょっと悪い症状が出たからと、使用を控えて、そのままやめてしまう事もりますが、これは最ももったいないことです!
せっかく、体に高麗人参の有用成分「サポニン」を取り込んでいるのに、それをやめてしまうと、今まで飲んできた事が水の泡になってしまいます。
一つ知っておいてほしいのは、メンケン反応という言葉を知っておいて下さい!

メンケン反応と副作用?

確かに、高麗人参サプリを飲んでいる最初の頃は、副作用に似た症状が現れることがあります。ですが、これらは全く別のことです。
メンケン反応は体の細胞の変化が起きていると思ってください。そして良い方向に変化しているのです。対して副作用は、皆さんもご存じの通り、体が悪い方向に向かっているこいうことです。症状的には似た現象が起きているのですが、ま逆のことなのです。
ここを間違えて、使用をやめてしまうと、せっかく良い方向に体が変化していたのにもかかわらず、ストップしてしまうのです。
先ほども述べたように、胃に違和感を覚えた際には、一旦は飲むのを控えてみて下さい。しして、飲む量を少なくして再開してみましょう!
そうすると、きっと良い方向にむかっていきます。

どんな物が胃に副作用を起こすの?

過剰摂取で副作用

胃への副作用の代表格はやはり「薬」です。
薬の働きによって、胃に何かしらの影響を与えてしまう事は多々あります。
薬の中でも一般的なものは「頭痛薬」です。これは解熱作用が主作用として働いているのですが、胃粘液の分泌を抑えるため「胃・十二指腸の炎症」が副作用として現れてしまいます。また、痛みを抑えてくれる薬として、一度は使ったことがあるという人も多い、「ロキソニン系の薬」!これは、痛みを抑えるうえではかなり即効性があるとともに、実感力も非常に高い薬となっております。
ですが、それに反して胃への副作用も強く、ロキソニンの薬に合わせて、胃を守る薬を一緒に処方されるといった事も起こります。


即効性が強いと副作用も強い!

西洋医学で処方される薬は確かに即効性があり、実感力も強いです。ですが、もろ刃の剣で、結局副作用も強いのです。特に薬の副作用で影響を受けやすいのが胃です。
それにともなって東洋医学でいう「漢方薬」は副作用の心配がほとんどありません!
妊娠中の方でも、薬を処方されるケースが稀にあります。ですが、この場合も大半が漢方薬なのです。それほど安全ということです。
そして、高麗人参はその漢方の王様として貴重されています。
サプリメントで健康的な体つくりを考えている方は、即効性を期待してはいけません。それは結局薬を飲むことになり、副作用を招くだけです。
継続的に使用して、体の本質からしっかりと改善を図っていく必要がるのです!

関連記事詳細一覧