無理なダイエットは冷え症のもと

冷え性は脂肪が燃えにくい体質になる

現代人の病気は食べすぎから来ることが多いので、バランスのとれた食事を少なめに、というのは健康つくりのポイントです。ですが、無理なダイエットは体のバランスを崩し、冷えが入り込む原因となります。
ダイエットの必要がない人までが、痩せているのが美しいという強迫観念にかられて、ダイエットに走ってしまうのです。
そういうときは早急に結果を求めますから、手っとり早く「食べない」という方法をとります。
その結果、栄養不足に陥ってしまいます。燃やすエネルギーの不足が続くと、体のほうはだんだん燃やさないことに慣れていきます。脂肪が燃えないわけですから、当然のことながら体は冷えていきます。
こういうだいたい、見た目はやせているのに、体脂肪率は高い「隠れ肥満」になりがちです。隠れ肥満の原因としては、朝食を抜く、食事が不規則で、有ることが考えられます。いずれも、代謝する力が落ちて、かえって脂肪をため込む体になるのです。極端に食事の量を減らすダイエットは、体を冷やすだけでなく、将来にわたって隠れ肥満体質をつくります。
健康的に痩せたいのなら、脂肪が燃えやすい体にすることを考えましょう。それには、エネルギーのもとになる食事をきちんととって、筋肉を動かすこと。特に、ヒトの筋肉の70%以上は下半身になるので、ウォーキングやストレッチなどで下肢の筋肉を動かすようにしましょう。
寒い季節でも、忙しく動いているとポカポカと暖かくなりますが、それは筋肉が動く時に熱が発生するためです。体が温かくなれば、血流がよくなり、免疫力も高まります。

若いことのダイエットは、更年期の体に影響する

ダイエットのもう一つの問題点は、女性のホルモンバランスを乱す点です。
女性ホルモンは、コレステロールから作られます。ダイエットで栄養不足になるとコレステロールも減り、時には月経が止まることさえあります。
20代のころ、何度もダイエットをした経験がある人は、ほとんど毎日朝食抜きだった人、月経痛に悩まされていた人などは、中年期以降にホルモンバランスを崩し、特に更年期になると、様々な症状が現れるようになります。
女性の体は、閉経すると、卵巣からはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類のホルモンが分泌されていますが、このうち特にエストロゲンの減少が体全体にかかわっていきます。
エストロゲンは、子宮内膜の増殖など生殖機能にかかわるだけでなく、血液によって体中に運ばれ、様々な働きをします。乳腺を刺激して女性特有の乳房を形作る、髪の毛を成長させる、肌のハリをよくする、骨の新陳代謝をコントロールする、といった役割をするのですが、さらに血管壁を柔らかく保ち、血液の循環を良くして血中コレステロールを減らす働きもしています。
ですから、閉経前後からエストロゲンが減少するにつれ、コレステロール値が急激に上昇し、血管が細くなったり柔軟性を失って動脈硬化が進み、血栓も出来やすくなります。
女性の閉経期は、ホルモンの状況が大きく変化する時期ですが、若いころの無理な生活の影響が、積もり積もって表れてくる時期でもあるのです。

高麗人参で冷え対策

冷え対策として有効な成分が高麗人参です。めぐり機能が優れている高麗人参はめぐりが悪くなっている冷え症に大変効果的だと言われています。
また、ダイエットにも良い影響があります。めぐりが良くなるおかげで、新陳代謝も上昇。つまり、基礎代謝がアップするので、普段の食事量そのままでも、消費カロリーがアップするため、自然とダイエットにも効果的です。
食すとなると手に入らない食材ですので、サプリメントで補う事をオススメします。